京都じくじょ 奥様の実話 鶴岡市出会い 愛知県でタイ人との出会い

今朝質問できたのは、奥様の実話ちょうど、京都じくじょ以前からサクラのパートをしていない五人の若者!
出席できたのは京都じくじょ、キャバクラで働いていたAさん、京都じくじょこの春から大学進学したBさん京都じくじょ、自称クリエイターのCさん、奥様の実話タレント事務所に所属していたというDさん京都じくじょ、芸人になることを夢見るEさんの五人です。
筆者「始めに、京都じくじょ辞めたキッカケを教えていただきましょう。Aさん以外の方からお願いします」

京都じくじょ 奥様の実話 鶴岡市出会い 愛知県でタイ人との出会い論

A(メンキャバ就労者)「僕は、京都じくじょ女心なんか興味なく始めたらいいかなと思いました」
B(就活中の大学生)「僕は、京都じくじょ稼げれば何でもやると思って躊躇しましたね」
C(クリエイター)「わしは、京都じくじょロックミュージシャンをやってるんですけど、奥様の実話まだ未熟者なんで少ししか稼げないんですよ。有名になる為にはくだらないことでもこつこつ下積みするのがベストなんで、奥様の実話、こういう経験をして奥様の実話、とにかくアンダーグラウンドな経験を重ねようと思って」
D(タレントプロダクション所属)「俺様は、奥様の実話○○ってタレント事務所でライブパフォーマーを夢見てがんばってるんですが、京都じくじょ一度の舞台で500円ぽっちしか入らないんで…先輩が紹介してくださったサクラの仕事をやっているんです」
E(若手コント芸人)「実のところ、京都じくじょオレもDさんと似たような感じで京都じくじょ、お笑いコントやって一回数百円の楽しい生活してるんです。先輩に教えていただいて奥様の実話、ステマの仕事をしなければと考えました」
驚いたことに京都じくじょ、全メンバー中半数以上が芸能プロダクションに所属しているという素敵なメンバーでした…京都じくじょ、やはり話を聞いてみるとどうも、奥様の実話五人にはサクラによくある苦労エピソードは無さそうでした…。