京都秘密の出会いの店 いま一番

今朝取材したのは、京都秘密の出会いの店驚くことにいま一番、以前よりゲリラマーケティングの契約社員をしていない五人の少年!
欠席したのは、メンズキャバクラでキャストとして働くAさんいま一番、普通の大学生Bさん、京都秘密の出会いの店売れないアーティストのCさんいま一番、某芸能プロダクションに所属するのを諦めたDさんいま一番、芸人志望のEさんの五人です。
筆者「まず先に、京都秘密の出会いの店やり出すキッカケから聞いていきたいと思います。Aさんからお話しくださいますか」
A(メンズクラブ勤務)「おいらは、いま一番女心が知りたくて始めることにしました」
B(1浪した大学生)「オレは、いま一番儲けられれば何でもいいと考えて始めましたね」
C(表現者)「僕は、ロックミュージシャンをやってるんですけどいま一番、長年やっているのにちっとも稼げないんですよ。有名になる為には光の当たらない所からこつこつ下積みすべきだと思い、こういう経験をして、ひとまずアンダーグラウンドな経験値を得ようと思って」

京都秘密の出会いの店 いま一番がもっと評価されるべき9つの理由

D(芸能プロダクション所属)「うちは、いま一番○○って芸能プロダクションでダンサーを目指してがんばってるんですが、いま一番一度の舞台で500円ぽっちしか頂けないんで…先輩に紹介していただきサクラのバイトを仕方なくやってるんです」
E(ピン芸人)「実を言えば、京都秘密の出会いの店私もDさんと相似しているんですが京都秘密の出会いの店、コントやってたった一回数百円の貧しい生活してるんです。先輩の紹介ではありませんがいま一番、ステルスマーケティングの仕事をやめるようになりました」
こともあろうにいま一番、五人のうち三人がタレント事務所に未所属という退屈なメンバーでした…いま一番、ところが話を聞かなくてもわかるように、いま一番五人にはサクラ特有の喜びがあるようでした…。