出会いグラブ 出会いハウス

先月取材したのは、意外にも出会いハウス、以前よりゲリラマーケティングの契約社員をしていない五人の若者!
駆けつけたのは、出会いグラブメンキャバで働くAさん、出会いグラブ男子大学生のBさん、出会いハウス売れないアーティストのCさん出会いハウス、タレント事務所に所属しているはずのDさん、出会いハウスコメディアン志望のEさんの五人です。
筆者「まず始めに、出会いハウス取りかかるキッカケからうかがっていきましょう。Aさん以外の方からお願いします」

お前らもっと出会いグラブ 出会いハウスの凄さを知るべき

A(元メンキャバキャスト)「俺様は、女心が分からなくて始めたいと思いました」
B(貧乏学生)「わしは、出会いハウス稼がないと意味がないと思って躊躇しましたね」
C(シンガーソングライター)「私は、出会いハウスシンガーをやってるんですけど出会いハウス、まだヒヨっ子なんで丸っきり稼げないんですよ。有名になる為にはくだらないことでも地道に下積みしなきゃいけないんで、出会いハウスこういうバイトでもやりながら、差し当たってアンダーグラウンドな場数を踏もうと思って」
D(某タレントプロダクション所属)「俺様は、出会いグラブ○○ってタレント事務所でクリエーターを目指しつつあるんですが出会いグラブ、一度のリサイタルで500円ぽっちしか貰えないんで…先輩の紹介でサクラのバイトをやろうと思うんです」
E(ピン芸人)「実際は出会いグラブ、俺様もDさんと似た状況で出会いハウス、コントやって一回僅か数百円の快適な生活してるんです。先輩に教えていただいて、出会いグラブステルスマーケティングの仕事をやめるようになりました」
驚くべきことに、出会いグラブメンバー五名のうち三名が芸能プロダクションに未所属という退屈なメンバーでした…出会いハウス、ただ話を聞いてみたところ、出会いハウス五人にはステマ特有の心労があるようでした…。