不倫は決して褒められるような行為ではない

ojhiejrths不倫をしている人がどれだけ増えても、そして不倫肯定派が増えたところで世間的に見て不倫は褒められた行為ではありません。

仮に不倫がバレて裁判となった時、不倫をしている方が分が悪いのはいうまでもありません。

妻がどれだけ家事を放棄して妻らしい事を一切していなかったとしても、セックスレスで夫婦関係が最悪だったとしても悪いのは妻ではありません。

不倫をしていた夫という事になり莫大な慰謝料を支払う裁判結果が出る事になるでしょう。

そんな事になったら大変ですから不倫がある事実を相手にバレないように隠さなければいけないのです。

もっとも夫が不倫をしている場合はskype掲示板で40代女性の主婦も不倫をしている可能性があります。

夫は自分の妻が不倫なんてするわけがないと思っているかもしれません。

しかし立場は同じではないでしょうか?

夫に不倫をする理由があるのであれば、同じように妻にも不倫をする理由があります。

夫婦関係が上手くいってないと感じるのは片方だけのはずがありませんよね。

2人の関係性の問題なのですから、双方が感じていて当たり前なのです。

むしろお互いがお互いの不倫を知っていて、それを許容している方が隠しているよりもまだ健全な関係なのかもしれません。

一昔前の日本では不倫は死に値する犯罪だとされていました。

不倫をするなら罪悪感を持ってはいけない

asiejghioasje不倫をする場合は罪悪感を持ってはいけません。

不倫をしているのに罪悪感すらもたずに平然としている方がおかしい・・・・なんて思う人もいるかもしれません。

しかしよく考えて下さい。不倫は相手にバレてしまう事の方が相手を傷つけてしまう事になってしまいます。

不倫をしてしまった以上それをする事がいい悪いを論じたところで意味がない事です。

それよりも完全に隠し通して不倫をした事がバレないようにする事の方が大切です。

犯罪だってバレなければ時効になるわけです。

不倫もバレなければ相手にとっては不倫をしていない事と同じなのです。

そしてバレないためには罪悪感など持ってはいけないのです。

不倫をしている事を妻に悪いと後ろめたさを持ってしまうと妻に急に優しくしてしまうかもしれません。

しかし急に優しくなると妻はなんで?何かあったの?と逆に不信を持ってしまいます。

罪悪感で挙動不審になるなんて何かあると言っているようなものですよね。

不倫で大切な事は不倫をしても何も変わらない事です。

それは行動もですし、表情もですし、気持ちの上でも変わらない事の方が大切なのです。

つまり罪悪感を持つ事は不倫にとって邪魔なもの以外の何物でもないのです。

不倫をして妻に悪い事をした・・・・・なんて思う人は不倫をするのに向かない性格です。

平然といつも通り振る舞える人ではないと不倫を完全に隠し通す事が出来ないのです。

そもそも不倫をして罪悪感から妻に優しくしようなんて考えるぐらいなら、不倫をする前から妻に優しくいい夫であるべきですよね。